田縣神社

田縣神社 がおすすめのワケ

田縣神社と聞いて、パッと読み方が分かる方はきっと愛知っ子。なかなか難しい漢字を書きますが、田縣神社は「タガタジンジャ」と読みます。

あぁ、そうなんだ……。で終わってしまうかと思いきや、実はこの田縣神社皆さんも一度や二度は見たことがある、ある種のお祭りで日本全国、いいや世界にその異質さを発信している神社なのです。

田縣神社は恋愛成就、子宝を授かると名高い神社ですが、件のお祭りは豊年祭のこと。豊作を願うお祭りですが、実は長さ2メートル、直径60センチにも及ぶ檜性の男根神輿が主役のお祭りなんです。そしてそれらは毎年新調しているというから驚き!

パズルのピースとピースが繋がった、という男性はきっと多いはず!大男茎形と呼ばれる男根像は女子にとって赤面そのものの事象でありますが、実際は怖いもの見たさに訪れる方が多いようです。

海外からの観光客が多い理由は閉鎖的な島国日本においても、奇特なおおらかさをもつ為。そして子宝に恵まれないカップルの拠り所になっているからです。

田縣神社境内には彼方こちらに不可思議に研磨された石、木が並んでいますが、全て男根様の身なりをしています。カランカランと鐘を鳴らす鈴も御神木ならぬ御神珍として、訪れる参拝者をクスリと笑顔にしてくれているよう。

18禁、アダルト指定しても不思議ではないようなおチンポ様が祀られているわけですが、是非訪れてほしいのが境内にある珍宝窟。何やら怪しい雰囲気ですが要するに賽銭入れになります。

2つのまん丸の玉、サイドにはペニスがそそり立っていますが、右のお玉をさすると家内安全、商売繁盛に金運が、左のお玉さすりで恋愛成就に子宝など御利益が違うそうなので、独身貴族の男性は右玉をありがたくお触り致しましょうか。

賽銭は入れた金額によって願う者の本気度が試されるといいます。1円、5円など余った小銭ではなく、紙幣をエエイと挿入し、女性を愛撫するかのように優しく玉さすりをしましょうね。

もし訪れる日が来るのなら、是非豊年祭の日時に併せて願いかけをすることをオススメいたします。神社周辺の屋台も斜め上から攻めており、ペニス型チョコバナナにフランクフルトなどそれはグロテスクな地物がズラリで、ザ・インスタ映えすること間違いなし。

流石は日本を代表する生殖器信仰の奇祭です……。なおお隣の市にはこれまた生殖器シンボルの豊年祭を行う大縣神社があり、こちらは女性バージョンのシンボルを祀ります。男性器より女性器の方がいいという方は、大縣神社に参拝するといいでしょう。

田縣神社の住所愛知県小牧市田県町152番地
電車【名鉄利用】名鉄田県神社前駅から徒歩5分
【地下鉄利用】名鉄田県神社前駅から徒歩5分
車・バス【名古屋方面より】東名高速道路 小牧インターチェンジ下車41号線北上→村中交差点を右折し155号線を東に進み→小牧原交差点左折しばらく北上、味岡交差点通過後すぐ左手側
【岐阜方面より】41号線を南下、犬山市五郎丸交差点を側道沿いに左折→しばらく南下し、久保一色交差点通過後すぐ右手側

疲れた体をマッサージで癒しませんか?

ひとり楽しい気ままな旅行、自分だけだと思うと行きたいところがたくさん見つかったり、結果たくさん調べものをしたり歩いたりして身体がヘトヘト・・・なんてことも。今すぐ利用できるメンズエステで、心と身体を癒しませんか?

たまには男も贅沢にマッサージ体験↓

エステドゥロア

男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2021 Frontier Theme