かわさき宙と緑の科学館

かわさき宙と緑の科学館 がおすすめのワケ

プラネタリウムでトキメク宇宙を感じる週末。こんなロマンが味わえる場所が「かわさき宙(そら)と緑の科学館」です。

宇宙に思いを馳せた少年時代、男の一人遊びとしては少しだけメランコリックかもしれませんが、疲れた日々を癒すには銀河への宇宙旅行も悪くないはず。

このかわさき宙と緑の科学館では、川崎出身のプラネタリウムクリエイターである大平貴之氏設計のプラネタリウム投影システムMEGASTAR-Ⅲ FUSIONを備え、1500万を超える恒星を星空に投影できる天文観察が楽しめます。

プラネタリウムは子ども向けと思いがちですが、世界最高の星空を演出するMEGASTARは肉眼では到底見えることのない星たちもリアルに写し、大人でも十分楽しめる内容です。毎月ごとに変わる投影テーマ、MEGASTARの機能をMAXまで活かした投影番組「過去と未来への旅」の他にも、天文講演会やプラネタリウムコンサートも随時実施。

また自然学習棟3Fでは天体望遠鏡を使った星の観察、科学館3Fでは「星を見る夕べ」が開催され、夕刻に月、惑星などを観察するイベントなども目白押し。子ども、学校向けのイベントも少なくありませんが、成人でも十分に楽しめるシニア向けの投影も生の解説付きということで、天文に関心がない方でも問題なくエンジョイできるはず。

館内には休憩スペースとして「カフェ星めぐり」があり、そちらも家族連れで賑わっています。特にオススメはソフトクリームと星めぐり流星ソーダ。後者はブルーのソーダに黄色い星型の氷が浮かぶという何とも風流で可愛らしい飲み物。ぜひプラネタリウムを訪れた際は、星くずソーダも楽しんでみてくださいね!

都会の雑踏の中で生きていると、天体に興味を持ったり、星を観察しよう!と思う場面はそうそうないので、ぜひ大人のブラリ散歩の候補にしてみてはいかがでしょうか。

またかわさき宙と緑の科学館は生田緑地の中にあり、多摩丘陵の自然や化石、標本などを通して、川崎の大地を知る展示にも力を入れているのでそちらも要チェック!

なお2020年以降緊急事態宣言が発動された為、自宅で楽しめる学習コンテンツを整備しており、MEGASTAR-Ⅲ FUSIONの星空は解説付きの動画ビデオで楽しめるので遠方の方はおうちプラネタリウムも楽しめますよ。

その他にも川崎市岡本太郎美術館や日本民家園、生田緑地ばら苑なども隣接しており、多摩の自然と天文そして芸術を同日に楽しめるので、硬くなった頭を丸くするには丁度いい休日の過ごし方になるはず。

かわさき宙と緑の科学館への最寄り駅は小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩15分程度、一般のプラネタリウム観覧料は400円となっております。

かわさき宙と緑の科学館
の住所
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-2
かわさき宙と緑の科学館
の営業時間
9:30〜17:00
かわさき宙と緑の科学館
の料金
一般:400円
高校生・大学生・65才以上の方:200円
中学生以下:無料
・東名川崎ICより
川崎IC 出口左折、尻手黒川を西進、犬蔵交差点を右折し直進。
・川崎方面より
府中街道を北進、稲生橋交差点を左折し直進。
・府中方面より
府中(川崎)街道を南進、稲生橋交差点を右折し直進。
電車・小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口から徒歩約15分
・JR南武線「登戸」駅から徒歩約25分
バス・ 小田急 向ヶ丘遊園駅
「向丘遊園駅南口」5番乗り場から 市バス
「溝19系統 溝口駅南口」行き 乗車時間約5分
「生田緑地入口」下車 徒歩5分
「向丘遊園駅南口」6番乗り場から 市バス・東急バス
「た83系統 たまプラーザ駅」行き 乗車時間約5分
「生田緑地入口」下車 徒歩5分
※運行本数が少ないのでご注意下さい。
・ JR・小田急 登戸駅
登戸駅–藤子・F・不二雄ミュージアム(別ウィンドウで開く)–生田緑地のシャトルバス
「生田緑地口」乗り場から
※運行本数が少ないのでご注意下さい。
※藤子・F・不二雄ミュージアム休館日は運休
・ JR 武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線 溝の口駅
「溝口南口」3番乗り場から 市バス
「溝19系統 向丘遊園駅南口」行き 乗車時間約20分
「生田緑地入口」下車 徒歩5分
東急 たまプラーザ駅-向丘遊園駅南口
たまプラーザ駅 2番乗り場発
※運行本数が少ないのでご注意下さい。

疲れた体をマッサージで癒しませんか?

ひとり楽しい気ままな旅行、自分だけだと思うと行きたいところがたくさん見つかったり、結果たくさん調べものをしたり歩いたりして身体がヘトヘト・・・なんてことも。今すぐ利用できるメンズエステで、心と身体を癒しませんか?

たまには男も贅沢にマッサージ体験↓

エステドゥロア

男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme