餃子 宇都宮みんみん

餃子 宇都宮みんみん がおすすめのワケ

日本人の国民食と言えば、さて皆さん何を想像しますか?寿司に味噌汁、茶わん蒸し、お茶漬けに生姜焼き……。ちょっとわかりませんね。正解はあってないようなものかもしれませんが、つまり正解は「餃子」です。

そして餃子の消費量は浜松と宇都宮がバチバチとライバル争いをしていますが、やはり圧倒的認知度では栃木の宇都宮が勝っているのではないでしょうか?

さて今回のぶらり一人旅、男旅でご紹介するのは餃子専門店宇都宮みんみんです。観光から入るのではない、食という欲求目当てに栃木に足を向けてみる、そんな男性は少なくないはず。

宇都宮みんみんは昭和33年に開店して以来、宇都宮県民の心の拠り所、食所として愛されてきました。現在栃木県内では9店舗展開しており、特にみんみん本店、来らっせ店、鹿沼店は行列なしでは食せない大人気店になっています。

宇都宮で食べる餃子なんて、別に普通の餃子と何ら変わらないざますでしょう?という声が聞こえてきますが、みんみんの餃子はハッキリと言いましょう!他の餃子とは一線を画すクオリティーとスペシャル。

まず驚かされるのがそのメニューのシンプルさ。ラーメン、チャーハンもなければ中華スープもない……。基本焼き餃子と水餃子そして揚げ餃子の三種の神器のようなタイプの異なる餃子からなり、後はライスにお漬物しかないんです。優柔不断な方にとっては、もはや選べる選択肢が限られているので逆に安心かもしれませんね。

宇都宮県民にとってはみんみん的日常風景ですが、他県から来た者にしてみれば新鮮な驚きがあります。

肝心の餃子はパリパリの皮と白菜たっぷりの具とシンプルですが、宇都宮のソウルフード、B級グルメの代名詞と呼ばれるような圧倒的人気を誇っています。餃子は飲み物、そんな感覚で何個でも食べれてしまう、白米との相性も最高との評判です。

昔ながらのみんみん餃子、その食べ方のコツとしては自分でミックスする餃子のタレにあり。特にお酢を多めにするのがオススメと地元民の声があり、お酢:醤油を7:3で混ぜる、もしくはお酢のみで食べるのがGOODな食べ方です。

基本お酢だけでも十分ジューシーな餃子を楽しめます。常連客の皆さんはラー油の下に沈んでいるスパイス部分を適宜足しながら、引き締まった辛みのあるソースをオリジナルでブレンドしています。

特に水餃子とソースの相性は抜群で、餃子をソースに付けるのではなく、スープにソースを入れてスープ餃子のようにすすって食べるのが美味の秘訣です。ぜひ皆さんトライしてみてくださいね。

水餃子二人前に焼き餃子一人前、もしくは水餃子一人前に焼き餃子二人前、その組み合わせはあなたの胃袋次第ですが、余計なメニューはないのでペロリと一人前の6個は食べれてしまいますよ。

気になるお値段は餃子一人前300円と良心的なお値段ですが、かなりの混雑が予想され、場所によっては3~4時間待ちもザラなので遠方の方は要注意。ただしホテルメッツ店、ステーションバル店は比較的混雑が少ないですが、後者はお酒を嗜むアルコール族が多く、ホテルメッツ店よりもお客の流れが良くない点は覚えておいてください。

またホテルメッツ店には限定メニューのジャジャ麺、ステーションバル店には唐揚げが用意されているので、そちらも要チェックです。なおお土産として焼き餃子、揚げ餃子、そして冷凍餃子の販売もしているので、並べないほどの混雑の場合はお土産餃子で我慢するべし!

餃子 宇都宮みんみんの住所宇都宮市馬場通り4-2-3
餃子 宇都宮みんみんの時間・料金11:00-20:30(ラストオーダー20:00)
※酒類 11:00-20:30(ラストオーダー20:00)
テイクアウト・発送 11:00-20:30(最終受付20:00)
ヤキ(焼餃子)一人前/300円
スイ(水餃子)一人前/300円
アゲ(揚餃子)一人前/300円
バスJR宇都宮駅から宇都宮駅西口38番乗場より、市内循環線「きぶな」にて、二荒山神社下バス停下車すぐ。
徒歩JR宇都宮駅から徒歩15分
車(タクシー)JR宇都宮駅から7分(約850円・タクシー会社による)

疲れた体をマッサージで癒しませんか?

ひとり楽しい気ままな旅行、自分だけだと思うと行きたいところがたくさん見つかったり、結果たくさん調べものをしたり歩いたりして身体がヘトヘト・・・なんてことも。今すぐ利用できるメンズエステで、心と身体を癒しませんか?

たまには男も贅沢にマッサージ体験↓

エステドゥロア

男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme