浄土宗 天龍山 法善寺

浄土宗 天龍山 法善寺 がおすすめのワケ

大阪ミナミと言えば歓楽街のイメージが強いですが、多くの寺院や仏閣があることでも知られています。法善寺という400年以上の歴史を誇る浄土宗の寺院は観光客だけでなく、地元の人たちが商売繁盛を願って訪れる浪速の人情寺院。

その正式名称は少し長くなりますが「浄土宗 天龍山 法善寺」です。大阪特有の入り組んだ小径にそっと佇み、観光客が何も知らずに迷い込んでしまうような古き良き場所。

そっと鼻をかすめるお線香の匂い、その土地柄か24時間参拝できる、まるでタイムスリップをしたような錯覚も覚えます。法善寺は西向不動明王(水掛不動尊)や金毘羅堂、お初大神などの諸堂があり、特に緑色のコケで覆われた水掛不動尊は圧巻の存在感です。

この水掛不動尊の由来には興味深く、その堂々とした佇まいと静寂に包まれたお不動さんの歴史は意外にも浅く戦後に遡ります。戦後の困窮した時代を生きたある女性が、お不動さんに水をかけて願いを掛けたことが始まりと言われ、実際に戦後復興の時代を生きた女性の強い思いが宿ったお不動さんなのです。

御利益としては商売繁盛、健康、縁結びなどですが、お不動さん発祥の歴史が物語るように、参拝者それぞれの願いを正しいベクトルに導いてくれるありがたいお不動さんです。ぜひ法善寺に訪れた際は水をかけて、祈りを捧げてみてはいかがでしょうか?

水掛不動尊の南側にある二河白道堂にも足を運びましょう。浄土真宗の世界でのこの世とあの世を再現しており、極楽浄土に向かうという意味合いを込めて、二河白道堂の真ん中に走る白線のタイルを真っすぐ歩いてみてください。

白線から道をそらさずに、周りの誘惑を断ち切り極楽浄土に迎えるのでしょうか?私達の人生を表わしているような白線の歩み、ぜひしっかりとした歩みでチャレンジしてみてください。

また航海の守り神である金毘羅様に拝む地元の方、観光客も少なくありません。その昔この一帯は港町として機能していたため、海の安全を祈願する金毘羅様が祀られるようになりました。

法善寺には各種お守りも多く取り揃えていますが、お不動さんはどんな願いも分け隔てなく叶えてくれるので、自分の目標や状況に合わせたお守り、絵馬を購入して願い掛けしてましょう。

なお、「仏様との縁」を込めて、自作のオリジナルのお守り(写仏)も作成できます。特にお子さま連れの方や観光客、外国人に人気なので興味がある方はぜひ。(費用は1,000円です)

法善寺には境内の露店がルーツになった法善寺横丁が北側に位置しており、こちらも忘れてはならない観光スポットなので要チェックです。大阪ミナミの喧騒に溶け込むように、お洒落なバーやお食事処があちこちに点在しています。

織田作之助の小説『夫婦善哉』の中にも登場した「正弁丹吾亭」は法善寺横丁を代表する割烹で、雅な雰囲気と通も唸る和食とお酒で有名でしたが残念ながら閉店。

しかし、それでもどこか懐かしい昭和の路地がそこには今も広がっているので、ミナミ観光の際はぜひ訪れてみてくださいね。

浄土宗 天龍山 法善寺の住所大阪市中央区難波1-2-16
浄土宗 天龍山 法善寺
の参拝時間
境内のご参拝…24時間可能
授与所の受付…午前8時〜午後11時
アクセス「なんば駅」下車なんばウォークB16出口から北へ徒歩1分
「日本橋駅」下車なんばウォークB18出口から北へ徒歩1分

デリヘル派遣OKなホテルを探したいなら

旅先や出張先でデリヘルを使いたいけど、デリヘルを呼んで怒られないか不安……そんな時、「デリヘルが呼べるホテル」なら簡単にデリヘル派遣OKなホテルを見つけられます。

旅先でデリヘルを呼んでみる↓

デリヘルが呼べるホテル
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme