法善寺横丁

法善寺横丁 がおすすめのワケ

大都市の喧騒とはまた違う印象を見せる、どこか懐かしい街並みが広がる。法善寺横丁は水掛け不動尊で有名な「法善寺」の境内にあたり、いわゆる参拝者向けの露店として発展してきた歴史があります。

長さ80メートルの路地には風情溢れる石畳が広がり、大阪ミナミの観光地の一つとして数えられます。大阪の人々は食にうるさい、そんなイメージがありますが、期待を裏切らない美食、B級グルメに割烹が路地の左右にひしめき合うようにズラリ。

心落ち着く空間の法善寺境内ということで、お店の佇まいも伝統的な日本の家屋をイメージしたものから、100年以上の歴史を誇る名店まで様々なお店が軒を連ねています。

観光客にとってはもちろんのこと、大阪の地元の人にとっても憩いの場であり、美味しい食事をするなら法善寺横丁に行くのが一番!というくらい人気があるエリアです。

江戸時代にまで遡る歴史がある法善寺横丁ですが、現在の姿になったのは大阪大空襲の後に復興されてできた、そんな歴史の生き証人でもあります。法善寺横丁は意外と多くの方に知られている場所ですが、それは長谷川幸延(こうえん)などの作家が法善寺横丁を舞台にした代表作を発表したからです。

法善寺と同様にインスタ映えするスポットとしても有名な法善寺横丁ですが、現在は60店あまりのお店が営業を続けています。道頓堀とはまた趣が全く異なる甘味処、お好み焼き屋、串カツ屋、お洒落場バースポットまで様々なタイプのお店があります。

残念ながらた織田作之助の小説『夫婦善哉』に登場した老舗割烹である「正弁丹吾亭」(しょうべんだんごてい)は閉店してしまいましたが、同作に登場したもう1つの甘味処「夫婦善哉」(めおとぜんざい)は現在も営業中です。

一人前を2つのお椀に分けて提供するという名物のぜんざいは、コクがありしっかりとした甘みがあると人気で、言わずもがなカップルから愛されているお店です。

もちろんしっかりした食事ができるレストランも沢山揃っており、フグなら「法善寺浅草」、お好み焼きなら「やき然」、焼肉なら「松坂牛焼肉M」、串カツなら「wasabi」などありとあらゆる美食が境内には揃います。

色んな食材を使ったグルメが揃いますが、何とあのミシュランガイドに掲載されている星付きレストランも多いことで知られています。日本料理屋では懐石の「本湖月」(★★)、前述の「wasabi」(★)も串カツで星を獲得しています。

なかなか星付きレストランで食事をすることはないと思いますが、法善寺横丁には本格的な美食家を唸らせる料理から1,000円台でランチを楽しめるグルメも揃っているのでどんな方にも楽しめる空間になっています。

法善寺は24時間参拝が可能ですし、横丁も朝と夜では見せる顔が全く異なります。特に夜には提灯の灯に火がともり、非常に幻想的な光景が広がり、食欲だけでなく独特の風情も楽しめますよ。

カップルや家族連れはもちろんのこと、男性もしくは女性の一人グルメ旅にもピッタリな場所なので、ちょっぴり大人の厳選美食観光をしたい方にはオススメです。

法善寺横丁大阪府大阪市中央区難波1丁目付近
法善寺横丁営業:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス地下鉄御堂筋線・千日前線、近鉄、南海「なんば駅」から徒歩で5分

デリヘル派遣OKなホテルを探したいなら

旅先や出張先でデリヘルを使いたいけど、デリヘルを呼んで怒られないか不安……そんな時、「デリヘルが呼べるホテル」なら簡単にデリヘル派遣OKなホテルを見つけられます。

旅先でデリヘルを呼んでみる↓

デリヘルが呼べるホテル
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme