二条市場

二条市場 がおすすめのワケ

北海道は札幌で、欠かせない観光スポットはどこでしょう?大人の男性、夜の社交場のススキノもスリリングなナイトライフとして人気を博していますが、今回ご紹介するのは道産子観光客も大満足!たっぷり食を満たせる二条市場です。

札幌市民の台所と呼ばれている札幌の観光スポットの二条市場は、札幌駅からも近くアクセスが抜群なので多くの観光客でにぎわっています。

北海道の海産物は新鮮で美味なのは言うまでもなく、朝食にランチ、ディナーまで最高の海の幸を楽しめる市場となっています。東京の築地市場とイメージが重なるという方もいますが、鮮度のいい海鮮物だけでなく果物や野菜、北海道銘菓を取り扱うお店も少なくありません。

二条市場の歴史は明治時代にまで遡り、その当時は石狩川で取れた魚を販売し「二条魚町」と呼ばれていました。その当時は市民というよりは、魚の輸送船の積み下ろしを担う人々が主な客層だったと言います。

アーケード街にある二条市場で当時の面影を残しているのは、威勢のいい掛け声とお店の人たちの切符の良さでしょうか。一番賑わいを見せるのは勿論早朝ですが、夕方以降も営業しているお店もありますよ。

さて二条市場で何をするのか?その回答は言わずもがな、食べる!に尽きます。多くの観光客が最高鮮度の海鮮丼目当てに二条市場を訪れますが、それ以外にも加工食品や旬のものはあちらこちらで試食可能です。常識の範囲内で、ぜひ食べ比べをしてみましょう!

なおほとんどのお店ではイートインが可能ですし、飲食OKの休憩所や食堂も点在しています。どんな海鮮が好きなのかにもよりますが、ほっけやかに、うに、サーモンまでなんでもござれ。どこも絶品ですが、特にレビュー評価が高いのは「どんぶり茶屋」で、取れたての魚介類をたっぷり使用した特選丼はぜひトライしてみて!

どこのお店も甲乙つけがたいのですが、お店によっても、どこか味付けが違うので、お気に入りのお店を見つけてみてくださいね。なお土産として加工食品を持ち帰る人も多いですが、基本的に二条市場で購入した海の幸は自宅やギフトとして配送も可能ですよ。

注意点としてはどこの市場も同様ですが、魚の種類は時間が経つにつれ少なくなっていきます。市場ならではの賑わいや早朝(5時~7時30分)に行われるせりを見学する場合は、朝市で足を運ぶといいでしょう。

基本的に年中無休で、飲食店なら夜21時頃まで営業しているお店もあるので、夕方以降小腹が空いたらフラリ二条市場で海鮮丼なんていかがでしょうか?

札幌大通り公園やテレビ塔なども近く、観光とお買い物を楽しみながら気軽に立ち寄れるので、お土産選びに困ったら、また北海道ならではの食を満喫したいならレッツゴーですよ!

二条市場の住所〒060-0052 北海道札幌市中央区南3条東1丁目
二条市場の営業時間営業:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
アクセス地下鉄大通駅から徒歩5分

デリヘル派遣OKなホテルを探したいなら

旅先や出張先でデリヘルを使いたいけど、デリヘルを呼んで怒られないか不安……そんな時、「デリヘルが呼べるホテル」なら簡単にデリヘル派遣OKなホテルを見つけられます。

旅先でデリヘルを呼んでみる↓

デリヘルが呼べるホテル
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme