石川の男のひとり旅おすすめスポット

ステーキ 六角堂

ステーキ 六角堂 がおすすめのワケ

兼六園、金沢城にひがし茶屋街、観光名所を回ってふと思う。「あぁ、お腹すいた!」、旅する男達にとっても現地のA級、B級グルメを食することは旅の醍醐味であります。

日本海に面する金沢ですが、イマイチ思いつかないのが金沢のご当地グルメ。もしもあなたが食事に悩んだら、迷わずオススメできるのが六角堂のステーキです。

たかがお肉、いいえ。されどお肉なんです。創業50年弱を数える金沢の老舗ステーキハウス六角堂。

レストランとしては珍しい、高級ホテルの鉄板焼きを思わせる絶品のステーキをシェフがお客さんの目前で焼いてくれる、そんな本格的なステーキハウスです。

続きを読む «»

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館 がおすすめのワケ

街に開かれた公園のような美術館、市民に寄り添ったそんなコンセプトのミュージアム、それが金沢21世紀美術館です。

石川県は金沢市内に位置し、風光明媚な国の名勝「兼六園」からも歩いて向かえる、フォトジェニックな近代アートを楽しめる金沢の新しい観光スポットとして注目を浴びています。

金沢21世紀博物館は企画展と常設展に分かれ、日本国内外の近代作家作品を多く所蔵し新しい文化の創造をテーマにしています。

美術館の象徴にもなっている作品はスイミングプールです。レアンドロ・エルニッヒの作品で、水を貼っていないプールの上下から全く異なる世界観を覗ける新感覚の作品と言えるでしょう。
続きを読む «»

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街 がおすすめのワケ

石川県金沢、フォトジェニックな古都。加賀藩の城下町として大きく栄えた金沢には、地元の人々だけでなく国内外からの観光客を惹きつけるスポットが点在しています。

日本を代表する庭園である兼六園から徒歩で約15分。移ろう雅な風景を横目に歩いて行くと、日本人の琴線を刺激する佇まいのひがし茶屋街が見えてきます。町屋のよう伝統の木造建築、青い空に揺れる木々がそよぐ中、しっとり歩く芸妓も見かける風景。

数百年前の光景を令和に残すこの茶屋街は、重要伝統的建造物保存地区として登録された情緒溢れる街並みが広がります。

このひがし茶屋街には現在も芸妓が興を添え、雅な舞で客をもてなしますが、通常一見が芸妓と触れあうことはできず、紹介があった場合のみ現在も営業中の茶屋に入店が叶います。
続きを読む «»

尾山神社

尾山神社 がおすすめのワケ

石川県金沢市、風光明媚な街は旅人たちを裏切らない古の魅力があります。

加賀藩おひざ元の金沢にあるもう一つの観光名所、それが神社でありながらステンドグラスが闇夜を照らす国の重要文化財尾山神社です。

尾山神社は金沢城に続く立地ということもあり多くの観光客で賑わいますが、こちらは加賀藩主初代・前田利家とその奥方お松の方(正室)を祀っている神社になります。

繁華街として地元民、飲兵衛たちで賑わう香林坊の近くにありながら、ハッと空気が変わるその緊張感。タイムスリップをしたかのような境内は、古き良き神社の姿を反映させながらも、和洋折衷のステンドグラスで訪れる人達の眼を楽しませてくれます。
続きを読む «»

金沢城公園 金沢城と兼六園

金沢城公園 金沢城と兼六園 がおすすめのワケ

加賀百万石の歴史を肌で感じる街、北陸石川県金沢市は前田家藩主おひざ元の風光明媚な城下の街。ゆらりゆらりと歩いてみれば、時代は令和から江戸の当時にまるでタイムスリップしたかのような錯覚を覚える程の風情溢れる情景が眼下に広がります。

金沢城は前田氏の居城として1580年に築城され、幾度も続いた不運の火災の結果、築城された当時の姿は残念ながら残っていません。1788年に再建された石川門は現在重要文化財に指定されています。なお有料の菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は2001年に再建されたもので、金沢城は異なる時代に築城当時の面影を投影するように生まれ変わってきた歴史があります。
続きを読む «»

デリヘル派遣OKなホテルを探したいなら

旅先や出張先でデリヘルを使いたいけど、デリヘルを呼んで怒られないか不安……そんな時、「デリヘルが呼べるホテル」なら簡単にデリヘル派遣OKなホテルを見つけられます。

旅先でデリヘルを呼んでみる↓

デリヘルが呼べるホテル
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2022 Frontier Theme