男のひとり旅は一度経験しておくべき

男のひとり旅のメリットや楽しさは?

旅行を趣味としている男性は多いかもしれませんが、それは家族や友人、恋人など誰かと共に旅をする場合も当然含まれているでしょう。

確かに誰かとわいわい言いながら観光スポット巡りをするのも楽しいのですが、ふと「ああ、あそこ行きたかったな」「本当はあれ食べたかったな」と、お互い妥協しあう場面があるのではないでしょうか。

その点ひとり旅は、時間を自由に使えて、好きなものを見て好きなものを食べる…というわがままが許される旅。そして地元の人との出会いや触れ合いといった人間的な成長ができる旅でもあります。

自分を見つめなおすきっかけにもなり、心身のリフレッシュも期待できます。

人生の節目として、また新たな自分の開拓として、男のひとり旅は一度は経験しておくべきイベントだと思います。このサイトでは、ひとり旅におすすめの定番・人気スポットを紹介しているので、男のひとり旅初心者の方でも安心です。

きはる

きはる がおすすめのワケ

福岡が誇る、本当においしい居酒屋がありました。オススメの店はどこか?と聞かれたら、まずここが候補になるお店、それが居酒屋「きはる」です。鯖とかいてサバ。そうサバを語らせたら、きはるの右にでる店はない一流ところの人気店であり創作メニューがズラリ。
続きを読む «»

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか がおすすめのワケ

静岡県でしか食べられない美味がある。ご当地グルメではありませんが、県外からそれを求めて老若男女が訪れる味、そうそれこそが炭焼きレストランさわやかのげんこつハンバーグです。

炭焼きレストランさわやかは、地域に根差しあくまで静岡県内のみで展開しているレストランチェーンであり、東京を含む他県への進出はありません。人はそれをさわやかと呼び、部活帰りの高校生、週末には家族連れで賑わう静岡人にとってなくてはならない望郷の味なのです。
続きを読む «»

相島

相島 がおすすめのワケ

やっぱり猫が好き!犬派のも少なくないと思いますが、圧倒的まったりの猫男子、もしくは猫女子派の方が続々上陸しているのが玄界灘に浮かぶ相島です。

相島には野生化した猫が100匹ほど島のあちらこちらに見られ、無防備にお腹を見せて寝ている子から餌をねだりに人間にすり寄る子まで、まさに猫パラダイスの福岡県にある離島のこと。

福岡県新宮町にある相島は離島と言っても骨の折れる距離間ではなく、新宮港からフェリーで約20分程度で到着するフットワーク軽めに行ける小さな島です。基本1日5~6往復しかフェリーの往来がないことに留意する必要がありますが、新宮港までは連絡バスが出ており、まさにぶらり途中下車の旅の如く、ぶらり途中船で来島できます。なおフェリー代金は片道460円と良心的な点も嬉しいですね。
続きを読む «»

金沢城公園 金沢城と兼六園

金沢城公園 金沢城と兼六園 がおすすめのワケ

加賀百万石の歴史を肌で感じる街、北陸石川県金沢市は前田家藩主おひざ元の風光明媚な城下の街。ゆらりゆらりと歩いてみれば、時代は令和から江戸の当時にまるでタイムスリップしたかのような錯覚を覚える程の風情溢れる情景が眼下に広がります。

金沢城は前田氏の居城として1580年に築城され、幾度も続いた不運の火災の結果、築城された当時の姿は残念ながら残っていません。1788年に再建された石川門は現在重要文化財に指定されています。なお有料の菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は2001年に再建されたもので、金沢城は異なる時代に築城当時の面影を投影するように生まれ変わってきた歴史があります。
続きを読む «»

熱田神宮

熱田神宮 がおすすめのワケ

熱田神宮は名古屋に行ったら必ず行ってほしい場所の一つです。

熱田神宮は三種の神器の一つ、草薙神剣を祀っていることや、織田信長が桶狭間の戦いの出陣前に勝利祈願したことでも有名ですね。草薙神剣は鎮座の後も盗難に遭ったり壇ノ浦の戦いで形代を遺失してしまうなどの受難に見舞われています。

主祭神は熱田大神。また、草薙神剣は天照大神の実体とされおり、つまり熱田大神と天照大神が同一のものとされています。
続きを読む «»

疲れた体をマッサージで癒しませんか?

ひとり楽しい気ままな旅行、自分だけだと思うと行きたいところがたくさん見つかったり、結果たくさん調べものをしたり歩いたりして身体がヘトヘト・・・なんてことも。今すぐ利用できるメンズエステで、心と身体を癒しませんか?

たまには男も贅沢にマッサージ体験↓

エステドゥロア
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2021 Frontier Theme