男のひとり旅は一度経験しておくべき

男のひとり旅のメリットや楽しさは?

旅行を趣味としている男性は多いかもしれませんが、それは家族や友人、恋人など誰かと共に旅をする場合も当然含まれているでしょう。

確かに誰かとわいわい言いながら観光スポット巡りをするのも楽しいのですが、ふと「ああ、あそこ行きたかったな」「本当はあれ食べたかったな」と、お互い妥協しあう場面があるのではないでしょうか。

その点ひとり旅は、時間を自由に使えて、好きなものを見て好きなものを食べる…というわがままが許される旅。そして地元の人との出会いや触れ合いといった人間的な成長ができる旅でもあります。

自分を見つめなおすきっかけにもなり、心身のリフレッシュも期待できます。

人生の節目として、また新たな自分の開拓として、男のひとり旅は一度は経験しておくべきイベントだと思います。このサイトでは、ひとり旅におすすめの定番・人気スポットを紹介しているので、男のひとり旅初心者の方でも安心です。

白龍園

白龍園 がおすすめのワケ

知られぬ秘境の中に佇む秘園、多くの文化遺産を有する京都にあってその独特な背景、歴史を有するのが白龍園と呼ばれる民間企業所有の庭園です。山中にヒッソリと浮かぶように位置するその聖域は、安養寺山の山麓に位置しています。

白髪白髭の翁と白蛇を祀っていた神聖な山、そこを子供服メーカーの青野株式会社の創始者であった故青野正一氏が買取り、荒れ果てた山を聖地として蘇らせる為にその生涯をかけて庭園を完成させたという特異な歴史が白龍園の始まりです。
続きを読む «»

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街 がおすすめのワケ

石川県金沢、フォトジェニックな古都。加賀藩の城下町として大きく栄えた金沢には、地元の人々だけでなく国内外からの観光客を惹きつけるスポットが点在しています。

日本を代表する庭園である兼六園から徒歩で約15分。移ろう雅な風景を横目に歩いて行くと、日本人の琴線を刺激する佇まいのひがし茶屋街が見えてきます。町屋のよう伝統の木造建築、青い空に揺れる木々がそよぐ中、しっとり歩く芸妓も見かける風景。

数百年前の光景を令和に残すこの茶屋街は、重要伝統的建造物保存地区として登録された情緒溢れる街並みが広がります。

このひがし茶屋街には現在も芸妓が興を添え、雅な舞で客をもてなしますが、通常一見が芸妓と触れあうことはできず、紹介があった場合のみ現在も営業中の茶屋に入店が叶います。
続きを読む «»

しらす問屋とびっちょ 江の島本店

しらす問屋とびっちょ 江の島本店 がおすすめのワケ

憧れの江の島電鉄、それを背景にフォトジェニックな写真をパシャリ。東京からも足を伸ばしやすく都会と自然が織りなす江の島は、目で見て楽しむだけでなく、食を通じて胃袋を満たすそんな楽しみ方もできます。

あまり知られていませんが江の島の名物料理はしらす。栄養価満点のいわしの幼魚ことですね。海の風を受けながら、江の島エリアにはしらす料理を提供するお店が軒を連ねています。 続きを読む «»

横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫 がおすすめのワケ

港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカ。湾岸都市の中でも情緒溢れる佇まい、東京都心部からも遠くない立地から、デート、観光コースとしても人気の横浜。

横浜と言えば中華街、八景島シーパラダイスに三渓園などが有名ですが、忘れてはいけない観光スポットと言えば横浜赤レンガ倉庫です。

横浜赤レンガ倉庫は明治、大正期の佇まいを残す国の模範倉庫として機能してきた歴史がある伝統的建築物です。大きく分けて1号館、2号館とイベント広場に分かれ、それぞれ特色のあるショップやレストラン、イベントスペースが広がり、カップルに家族連れだけでなく、男性一人でも十分に楽しめます。 続きを読む «»

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアム がおすすめのワケ

日本が世界に誇る文化、すし、芸者、そして漫画。漫画が伝達手段になり言語普及に繋がり、世界に知られるようになるわけです。

さてそんな日本の伝統文化漫画に注視したミュージアムが、古都京都にあります。「京都国際マンガミュージアム」は蔵書数5万以上を誇る漫画専門の美術館。元龍池小学校の校舎を利用しており、漫画と言うエンタテイメント文化とアールデコ様式の 続きを読む «»

疲れた体をマッサージで癒しませんか?

ひとり楽しい気ままな旅行、自分だけだと思うと行きたいところがたくさん見つかったり、結果たくさん調べものをしたり歩いたりして身体がヘトヘト・・・なんてことも。今すぐ利用できるメンズエステで、心と身体を癒しませんか?

たまには男も贅沢にマッサージ体験↓

エステドゥロア
男のひとり旅おすすめスポット~遊び場・グルメ~ © 2021 Frontier Theme